人気ブログランキング |

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

開腹手術

子犬のルナは、なんでも食べる。
恐ろしいほど、なんでも食べる。
ある日ルナを家の玄関ホールに離し、留守番させてでかけた。
帰ってみると、なんだか様子がおかしい。
自転車が倒れている。
そしてその前輪が外れていた。
倒れて外れたのかな・・・と思ったが、その車輪を止めてあったはずの
ボルトが両サイド見当たらない。
なんでかな???

数日後、そのボルトはルナのウンチから発見された。
暇にまかせたのか、ストレスもあったのか、スパナでしっかりとめてある
自転車の車輪を、「歯」で外したのだ。
恐るべし・・・。
でもい、もう一つ、ボルトがない。
心配になり、動物病院へ。
レントゲンを撮ってもらい、もうすでにルナの中にはないことに安堵した。
そんなことがあったのに・・・・・・

少し気を許していたら、今度はタオルを食べた。
それもかなりの量だ。
残った残骸は3分の1以下。
案の状、しばらくしてウンチから一部、そして嘔吐して一部。
でも出きらないのか、嘔吐を繰り返す。
タオルはやばい、腸閉塞になると聞いていた。
眠れない夜を過ごして、今朝一番で、元気がなくなってきたルナを連れてゆく。
レントゲンを撮ると・・・胃に確かに何か異物が見える。
これはまずいよ・・・と獣医。
即、手術の手配をすることとになった。

手術は夕方、ぼくはルナを預けて一度家に戻る。
なぜかぼくも、胃が痛い。
そのうちこらえ切れなくなって、胃薬を飲んでベッドに入った。
ぼくの神経は弱い・・・・・。

夕方、待ちわびた動物病院からの電話。
息子と娘を連れて、面会にゆく。
結局、十二指腸から空腸にわたってタオルの残骸。
そして胃にも同じく、タオル。
もう少し遅れたら命が危なかったと聞き、ぼくは強い脱力感と反省の自己嫌悪。
でもなんとか命が助かって、ほんとによかった・・・・・。

ほんとに、すまない。
ごめんね、ルナ。

by hwindlife | 2010-03-26 22:49 | 家族のこと  

卒園式

f0158239_2284192.jpg


少し冷たい雨の降る木曜日。
息子の卒園式。
もう、6年も経ったのだ。
まだ歩くのもおぼつかない頃に入園し、長い時間、そこで過ごした。
なにもできないあかちゃんが、小さいながらも感情豊かな
やさしい子になった。
そして今、少年の入り口にたっている。

卒園証書をもらう彼の後姿をみながら、いったいこの期間のどれくらいのことを
この先覚えているだろうか・・・・と思った。

ぼくにも確かに、保育園の時期の記憶はある。
園の裏山で遊んだ記憶。
園の窓から見た、そのころ開通した「新幹線」。
遠足のとき、隣の子と手をつないであるいたこと。
給食のパンがきらいだったこと・・・・。
ずいぶん昔だ・・・。
でも、ぼくのあの頃と今と、人間の根本は変わっていない。

さよならの歌を歌い、先生に挨拶をし、
息子自身はそこを離れる実感がないようにみえた。
長くて短い、6年。
ぼくにとってのこの期間は、実に意味多い「とき」だった。
息子の誕生をきっかっけに、自分の人生を自問自答しはじめた。
それまでずっと、つっぱって生きてきた。
でもそれが苦しく感じた。
その「たが」を不用意にはずしたとき、ぼくは落ちた。
生きる意味を考えた。
生きてきた意味を、振り返った。
後悔もした。
未来に、絶望感すら感じた。
ぼくは、深く、落ち、そこから戻るすべがわからなくなった。

「時間」は流れているだけではない。
その流れには意味がある。
「時間」にしか、解決できないこともある。
しばらくもがいた自分は、ときの流れに身を任せるしかないことを悟った。
そしてしばらくすると、すっと眼の先のもやが晴れ、自然に静かに
呼吸できるようになった。
そんな・・・・6年間だった。

ある小説の一文が、ぼくにはとても深く感じられていつも頭の中をリフレイン
する。

「過去に囚われすぎず、未来に夢を見過ぎない。現在は点ではなく、永遠に続いているものだ、と悟った。ぼくは、過去を蘇らせるのではなく、未来に期待するだけでなく、現在を響かせななければならないのだ。」
冷静と情熱のあいだ  辻 仁成 から

長くて短い6年だった・・・・・。
息子はそれなりに成長し、そしてぼくも変わった。
子どもたちにはついつい、将来を期待しがちだ。
もちろん、それも必要かもしれない。
でも、一番大切なこと。
それは「今」を大切にすること。
ぼくは自分の人生の「今」を響かせることに、喜びを感じ
そしてそれを息子に、娘に伝えていきたい。

息子よ・・・素敵な少年時代を過ごしてほしい。
二度と来ない、素敵な「とき」を・・・・。

by hwindlife | 2010-03-25 22:01 | 家族のこと  

黄砂の海

日曜日、海は強い風がわたっていたけれど、黄色くもやっていた。
風が強ければ強いほど、空は晴れて雲が切れるのがふつうだけれど
今日は違った・・・。
風は春の嵐で強く、時折15m/sを超える。
肌に感じる風は、そんなには冷たくなく、視界も悪いのでそんなに吹いている
感じがしない。
でも・・・・吹いてる。

慎重に一番小さいサイズのカイトをセットして海にでた。
もうすでに、仲間は海を走っている。
黄色く霞がかった空を切るようにカイトは動き、ボードは海を切る。
独りだったら少しモチベーションが下がる状況だけれど
仲間のカイトが視界にはいるから、元気がでる。
すれ違う都度に、あいさつ代わりにジャンプしたり、ループしたりする。
こんな荒れた海で、仲間と楽しくセッションできる喜びを感じる。

中には昨年始めたメンバーもいる。
このエクストリームな状況の中で乗れているのは驚きでもあり嬉しくもある。
スクールに入ってくれて、がんばって冬を越して、そしてこの状況を
共有している。
厳しい海であればあるほど、そこにいる僕たちの感性は鋭くなって
「海」や「風」を身近に強く感じることができる。
そして「そうなっている」自分の姿に、喜びを感じる。
そう・・・・こんなことを伝えたくてぼくはスクールをやっているんだ。

数時間乗り続けた。
気がつくと、黄砂の空は切れて青空がのぞきはじめた。
左右1000mほどの距離を軽く流して、海をあがった。

その後、近くのマックで今日を共有した仲間たちとおしゃべり。
今日のライディングをとりとめなく話す。
こんな時間は悪くない。
けしてみんな若くはない。
でも、その顔は自信と満足に満たされていて輝いているようにみえた。
まだまだぼくたちは成長過程なんだ。

だから、楽しい。

by hwindlife | 2010-03-22 22:41 | カイトボーディング  

美しいボード

f0158239_2121921.jpg

ウインドサーフィンの世界にいたころ、マウイでそのボードに出会った。
スラロームボードが進化し始めたころだった。
ノー・ノーズというボードデザインが注目されていた。
ボードの先端部分のボリュームが極端に少ないためそう呼ばれていたが
アウトラインは歪に見え、ぼくにあまり好きになれなかった。
でも、確かに、速かった。

毎日、カナハのビーチで強風の中スラロームの練習をした。
その帰りに、ハイテックのお店に立ち寄った。
ぼくはそこで、ノーノーズだけれど、とてもスムーズな美しいラインを持った
綺麗なボードを見かけた。
店員に尋ねると、それはジミールイスがシェイプしたカスタムボードで
ノーノーズデザインを模索した一本だということだった。
色もついてなくて、ロゴもついていない真っ白なそのボードは
ノーノーズなのに、そのアウトラインがとにかく美しく感じた。
美しい・・・・ぼくは一目惚れした。

ぼくは数日後、なんとかお金を工面してそのボードを手に入れた。
少し荒削りな性格のそのボードは、速かった。
速すぎて、ぼくはそのコントロールに四苦八苦した。
そのうえノーズボリュームがないため、ジャイブが難しい。
ターンの後半で、止まってしまう。
それでも、その走りの軽さは魅力的で、なにしろなかなか練習しても
会得することのできない「スピード」をぼくはそのボードのおかげで
体感することができるのだ。
約一カ月、ぼくは毎日そのボードに乗り続けた。
おかげで、止まらないジャイブも習得した。
ボードの芯に乗ったままターンし、スピードを殺さずにセイルを返す。
その頃注目されはじめた「レイダウン・ジャイブ」をぼくはこのボードのおかげで
できるようになったのだった。
ぼくは自分でもわかるくらい、「一皮むけた」。
だからジミールイスには会ったことないけれど、ぼくの中では「恩人」だった。

最近ではジミールイスはカイトボードとサーフボードを中心に作っている。
カイトボードを始めて、ぼくは最初にジミーのボードを選んだ。
ジミーのブランドのボードは、やはり美しい。
アウトラインも美しいし、その塗装も綺麗だ。
乗り味は、とてもマイルドで、スッとその世界へ入ってゆける。
ボードそのものの、そして走りも「美しい」ボードなのだ。

最近、昨年からカイトボードを始めたUMITOMOの仲間が、ジミーのボードを
購入してくれた。
入荷して検品してみると、相変わらず美しく、そしてまたこのボードに乗る
スムーズなライディングの彼の姿が想像できた。

by hwindlife | 2010-03-19 21:20 | カイトボーディング  

素敵な散歩道

f0158239_10151768.jpg

f0158239_101897.jpg

f0158239_10182797.jpg


おうちの近くは、名古屋市内だけれど緑が多い。
もちろん、ほんとうの「自然」ではなく整備されたそれだけれど
緑・・・はどんなでも、生活の近くには大切な存在だと思う。
季節ごとの木々の移り変わりに接することができることで
ぼくは生活のリズムを作ることができるような気がする。

ルナとの散歩道は、今、春の花が咲き始めている。
桃の花が咲き、木蓮が咲き、桜も一部咲き始めた。
それらの木々を、つぼみのふくらみの状態や、咲いた花の数を
日々確認しながら歩く。
5分くらい歩くと、小さな森につく。
ここには鯉が泳ぐ小さな池があり、そしてその横を森の奥へ木道が続いている。
鳥のさえずりが聞こえ、町のなんとも言えない「音」が消える。
ここへ来ると、さらにゆっくりと歩くようにしている。

ルナは見るもの、聞くものすべてが新鮮なようだ。
鳥の声を聞くと、耳がピクリと反応して不思議そうな顔をする。
池の鯉を見つけると、小首をかしげその姿を追う。

ぼくの横を、リードのテンションがかからないように上手くあるけるようになった。
家の中では、まだまだ悪戯ばかりしているけれど、日に日に成長している。

森を抜け、ぼくたちは丘の上からゆっくりとおうちのほうへ降りていった。
公園を出るとき、フワッと匂いが横切った。
生け垣に植えてある金木犀だ。
ルナもその香りに反応し、花をぴくぴくしてぼくを見上げた。

f0158239_10214119.jpg

by hwindlife | 2010-03-18 10:11 | 好きなこと大切なこと  

ライオンの風 羊の風

日曜日、マリーナにいると思わずしてシーブリーズが吹きだした。
シーブリーズっていうのは、おもに気温差で吹く海陸風。
この日は北寄りの風が西へ、そしてやや南寄りに振れて海面を吹きわたり始めた。
この風向きなら、マリーナ前のビーチはカイトボーディングにグッドコンディション。
ヨットに来たのだけれど、急いでカイトボードの準備を始めた。

軽めの、それでいてしっかりした風が海面に模様を作っている。
ぼくたち(海で遊ぶ仲間たち)は、その風が作る風紋や色合いで
風の強さや、振れや、その息吹きを感じ、そして予測する。
ぼくは慎重に海面を眺め、見えない風を感じ、そしてゆっくりとカイトを振って
海に滑り出した。
風は沖へ出ると少しだけ北に振れているように感じた。
それでも風速は沖合のほうが強く、ぼくは沖へ沖へと走った。
まだ、風は吹きだしたばかりだから、海に波はそれほど立っていない。
だからボードは波に邪魔されずに、滑るように進む。
ぼくは相変わらず海面の風紋を観察し、頬と耳でも風を感じている。

インサイドに戻り、今年ずっと練習しているトリックをトライする。
何度目かで・・・・なかなかできなかった「技」がなにげに決まる。
どうしてできたのか・・・・・わからない。
何度かトライする。
やっぱり、できる。
あんなに何度も何度もトライし、冷たい海に叩きつけられて
それでもなかなかできなかったのに・・・。
こんなものだ。
何度も、執拗に「壁」を押していると、思わずしてその壁を突き抜けるときがくるものなのだ。
ぼくは、やっと壁を抜けた自分に少しだけ安心して、カイトを降ろした。

確かに、今日の風は「春の風」だった。
鼻の奥がムズムズするような匂いすらした。
日に日に、春はやってくる。

「三月はライオンのようにやってきて、羊のようにさってゆく」

by hwindlife | 2010-03-15 21:03 | 家族のこと  

lunaの散歩

f0158239_0244423.jpg

先日動物病院へゆき、最後のワクチンを打ってもらって、ルナは
晴れて散歩が許可された。
彼女もたいそう、ストレスがたまっているように見える。
温かな春の日、初めて公園へ連れだした。

病院にいくときも、オドオドしてなにか不自然な歩き方をしていた。
でも、短い距離だからあまり気にもしなかった。
公園へいくまでの数百メートル。
彼女は、「歩腹前進」した・・・・。
まるで、ムカデだ・・・。
ゆっくりとではない。
その姿勢で、リードいっぱいの範囲動きまわる。
「世の中」がまだ怖くて、興奮して・・・・・。
なんか変な生き物を連れて歩いている感じだ。
動画に収めたかったが、笑いをこらえるのが精一杯だった。
笑える「いぬ」だ。

f0158239_0255799.jpg


今日は散歩も三日目。
歩き方は、普通の「いぬ」になった。
なってしまった・・・・・。
あの歩腹全身、ムカデ状態を残せなかったのが悔やまれる。
それでも、まだ落ち着きはない。
ぼくが少し走ると、「キャン!キャン!」と声をあげて足に絡まりつく。
置いてゆくなというのか・・・・。

公園でブランコの手すりにリードをしばって、ぼくは息子のブランコをながめていた。
「キャン!」
声がするのでルナをみると、手すりを飛び越えようとして、どうも「座礁」したらしい。
身動きとれず、困った顔をしている。
笑える!
しばらくそのままにして、ぼくは写真をとってやった。

まだ4カ月。
人間だったらどうかな、小学生?
でも日に日に大きくなってゆく。
あと半年もしたら、もう大人だ。
この無邪気な時期を、大切に記憶して、楽しませてもらおう。

散歩道には「梅」がきれいに咲いていた。
春はもうそこまで来ている。
今年は、このやんちゃな末っ子と、散歩道の桜を見上げることができるかな。

・・・・でも、「さくら」のこともけして、忘れてないよ。
空から、見ててね・・・・。

f0158239_0261297.jpg

by hwindlife | 2010-03-14 00:26 | 家族のこと