人気ブログランキング |

<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

6歳の誕生日


f0158239_20164744.jpg
今日は息子の6歳の誕生日です。
はやいものです。
息子がぼくのところ来てくれて、もう6年たったのです。
あっという間だったな・・・・・これ実感です。

この6年はぼくにとって、ぼくの人生にとってとても「深い」時間でした。
息子の誕生をきっかけに、それまでぼくの心の奥底にくすぶっていた何かのスイッチが
入りました。
これからの人生、今までとは違った生き方をしたい。
そう強く願うようになりました。
息子に対して、誇れる生き方をしている「男」でありたい。
いや、自分が自分の生き方に満足していたい。
それからは、なかなか変われない自分に苦しみました。
自分が纏ってきた「鎧」のようなものを、取り外すことから始まり
本当の自分を探すことを続けました。
いや、それはまだ続いています。

息子が来る前の自分と、それからの自分では、人生の価値観などもまったく違ってきました。
ぼくはやっと、自分を真正面から見つめるチャンスを、息子の誕生をきっかけに
得ることができたのです。

幸いに息子は元気でいい子に育ってくれています。
体は小さくて、気もちょっと弱いけど、やさしくて繊細な素敵な男の子です。
今ではぼくのとても大切な話相手でもあります。
息子の存在に、心から感謝しています。

息子が生まれた6年前のその時間、ぼくはヨットのレースの最中でした。
自分の存在を示すために、自己実現をするために、ぼくはプロのクルーを雇って
「結果」を追いかけていました。
200艇ほどのレース艇の中、首尾よくことは進み、優勝争いをしていました。
でも神様はよく見ておられ、あと上りのレグ一本になったときに、ぼくが勝てる!と
ほくそ笑んだのを見逃しませんでした。
数秒タックが遅れ、なんと6秒差で2位・・・・・。
またか・・・・・今までの人生の繰り返しのような気分で落胆しました。
気を落としてマリーナへ帰る途中、携帯に電話が入りました。
それは息子の誕生を知らせるものでした。
ぼくはレースの結果などもう忘れてしまい、表彰式も出ずに、病院に向かいました。
病院につき、まだ赤い息子を見たとき、例えようのない感情に心が支配されて
涙が溢れて止まりませんでした。
きっと「スイッチ」が入ったのは、そのときだった気がします。

ぼくはいま、もうコンペティションの世界に身を置くことはありません。
海に出る時は、できるだけ自分の「思い」に忠実であることを心がけようとします。
結果、心のもっと奥、魂が喜ぶような「乗り」に近づいているような気もします。
カイトもヨットもです。
そして仕事もそうあれたらと願っています。

息子はそんなぼくの「背中」を見て、どう感じるでしょうか。
でも、その視線を意識して生きたら、前とおんなじです。
ぼくはぼくの魂に忠実に生き、結果として、それから子供たちが何かを感じる・・・・。
そうあればいいなと、思います。

息子よ、お誕生日おめでとう。
そして、ありがとう。
君の存在に、心から感謝します。
これからもよろしく・・・・・・・。

by hwindlife | 2009-05-25 20:07 | 家族のこと  

娘の発熱

今日、保育園へ子供たちを迎えに行くと担任の先生から
「少し熱があるようです・・・」と告げられました。
急いで帰り、測ってみると38度すこし・・・・・。
娘はいたって元気ですが、注意してみるといつものやんちゃさがない。
「おいで・・・」と声をかけると、素直にトコトコやってきて、膝の上にチョコンと座ります。
熱い・・・・・首筋から背中にかけて異常に熱い。
今日はお風呂はやめにして、体だけを拭いて寝かすことにしましょう。

体が不調なのは、もう本人もわかっているはずです。
不安なのかずっとぼくにまとわりついたままです。
いつもはぼくとの「関係」は息子とのそれと比べるとややクールな感じですが
今日は違います。
ぼくにひっついたまま、手はギュっとぼくのシャツを握りしめています。

熱さでなかなか寝付けません。
そんな娘を抱えるようにギュっと抱いて、背中をさすります。
何度も何度も、耳から熱を測ってしまいます。
38度8分・・・・・。
息も少し荒く、苦しいのがわかり、ぼくの胸も苦しい・・・・。

・・・・・・・と書いていたらまた泣き出したので背中を撫でて寝付かせてきました。
熱も39度5分を超えて、苦しそうです。
代わってやりたいです。
日頃、元気なものだから、たまにこういう状況になると少し動揺します。
自分のことだったら、骨折しようが少々流血がとまらなかろうが、比較的冷静ですが
子供のことには、ちと弱い・・・・・。
また胸が少し苦しくなってきました。

もう少し様子を見て、それでも39度後半になってしまったら、座薬をいれようと
準備しています。
日頃の健康に改めて感謝です。
どうか早く、娘の熱が下がりますように・・・・・・・。

by hwindlife | 2009-05-22 00:15 | 家族のこと  

「風のように」生きるということ

「風」というのは、「きまぐれ、あてにならないもの」の代名詞のように使われます。
風来坊・・・などは、宿なしでフラフラしていて、放浪者のような「やつ」を指しています。
確かに、風はきまぐれでもあり、それに関わるスポーツをしているぼくは
そのきまぐれさに、翻弄されまくっています・・・・・。

ただ、「風」はとても魅力的な存在です。
この地球上を、自由に飛び回ります。
ただ自由といっても、闇雲に飛び回るのではなく、地形や温度や気象の条件に密接に影響されて
飛んでいます。
「風」はずっとつながっていて、地球規模で旅をしています。
「トレードウィンド(貿易風)」などはその象徴的なもので、太平洋を中心に一年のサイクルで
円を描くように旅しています。

目に見えない「風」ですが、匂いも質感もあります。
冬の季節風は、湿り気を持っていて、とても重たい。
夏のハワイに吹くトレードウィンドはカラカラに乾いていて、サラサラと軽い。
また「風」は均一に吹いていることはなく、息吹きをするかのように強弱がある。
それも条件によっては、大きな強弱、時に強烈な息吹き・・・・・・。
まるで人の興奮した呼吸を連想させます。

海で風に吹かれるとき、そんなその時特有の風の「個性」を感じることができたなら
ぼくはそれにできるだけ自分の動きを合わせ、逆らわずに、シンクロしていくことを
心がけます。
一様でない、個性的な風とシンクロできたとき、ぼくは自然の一部になれたかのような
言いようのない恍惚の思いを抱くことができるのです。

「風のように生きる」・・・・・・・。
奔放に、意のままに生きるということでしょうか。
自然体でいきてゆく、そういうことでしょうか。
自由気ままでありながらも、そこには、自分の魂叫びには忠実になるという
強き信念も必要な気がします。
自由とは、自分に忠実である・・・・そういった「しばり」があるものなのです。
それでもやはり、周りからは「風来坊」と見られても、自分の魂には忠実に、自由に生きたい。
それは楽そうに見えて、実はそれなりに辛いのは、どんな生き方を選択しても同じです。

気まぐれで風のようなぼくは、これからの人生、少し乾いたトレードウィンドのような軽さの「風」で
生きていきたいものだなぁ・・・と思ったりしています。

by hwindlife | 2009-05-21 00:02 | 好きなこと大切なこと  

「セイリング」

「セイリング」といえば、クリストファークロスの歌を思い浮かべます。
先日、船をずっと西に走らせていたとき、頭の中を何度もその「セイリング」が
リフレインしていました。
ゆっくりと波がしらとともに流れてゆく景色に、その歌はとても合っていました。
すっきりとした「唄いくち」が好きで、クリストファー・クロスの曲は青春時代、何度も聴きました。
その多くは、ボロボロの車のカセットでした。
詩の内容はあまり気にしなかったけれど、メロディーはすがすがしく
少々屈折したぼくの心を明るくしてくれました。

ヨットの中で聴く、「セイリング」は格別です。
ドックにいても、海原をゆっくりと漂っているような気がしてきます。

でも・・・・ほんとうはぼくは「セイリング」といえばロッド・スチュワートのそれが好きでした。
若き頃はなおさら・・・・。
でもその詩の内容を深く読んだとき、それはとっても重く、ぼくの理解の先にある気がしました。
それが理由で、静かな深夜、ヨットで独りで聴くには今でも少し「重い」のです。

でも、それにしてもどちらの「セイリング」もいい曲です。
海をただの「遊び場」としてだけでなく、人生そのものだったり、人生の師だったり思うように
なってからは、なおさらその歌がしっくりと聴けます。

これからヨットに、古い単行本と懐かしい歌の入ったCDをたくさん持ち込もうと計画中です。

by hwindlife | 2009-05-18 23:13 | 好きなこと大切なこと  

息子の怖いもの

もうじき6歳になる息子は、身長も小さいけれど、なんだか幼い・・・。

テレビでキラウェア火山の爆発を見て・・・・・。
「ねぇ、ここらへんの火山も爆発するのぉ?」と心配そうに聞きます。
「日本にはいくつか噴火する山がいまでもあるよ。富士山だって噴火するかも」
「えーー!!それじゃおうち、もえちゃうじゃん!!」
「富士山は遠いから大丈夫だよ」
「だって新幹線にのればすぐでしょ!」
??????
彼の頭の中からしばらくは山イコール火山、そして噴火、家が燃える・・・という図式が消えず
ずいぶんと心配していたのでした。

テレビで「豚インフルエンザ」のニュースを見て・・・・。
「パパ、ぶたいんふるえんざ ってなに?」
「伝染病の種類だよ、熱が出てくるしいんだよ」
さらに質問が続きます・
「ぶた って言ってたよ なに?」
「熱が出て、ブタになっっちゃうんだよ」とぼくはからかいます。
しばらくじっと黙る彼。
「ぼくもその病気になるの?」
「手を洗わないとなるかもね」
「やだ・・・・・ぶたになるの・・・(泣き)」
彼はそれからしばらくの間、ブタになっちゃうのが怖くて、ソファーで泣いていました。
純粋な彼に通じない冗談、ちょっと反省・・・・。

海の波は怖い、高いとこも嫌い、ジェットコースターも大嫌い、お化け屋敷も嫌い。
男の子としてはちょっと情けないほどです。
だからトラウマになっちゃわないように、気をつけてやることが必要だと思っています。
そのぶん、人一倍優しい彼。
やさしい、男の子になっていくのは嬉しいことです。
そして繊細。
まんまるの月を見上げては、いつもそこにいる「うさぎ」のことを心配しています。
天国にいった「さくら」のことや、猫たちのことも忘れないで時々話題にしたりまします。

優しい、繊細な男の子。
心が傷つきやすい、ナーバスな部分がある子ですから、荒っぽいぼくは注意が必要です。
ただ、強さも必要で、彼の持つ素敵な潜在的性格を大切にしながらも
たくましさをなんとか伝えたいと願う、父でした・・・・・・。

by hwindlife | 2009-05-13 23:44 | 家族のこと  

「から揚げ」戦争

f0158239_201702.jpg

二歳児は「魔の二歳児」といわれます。
子供がいない方や、もうとっくに大きくなっちゃった方々からは、その壮絶さを忘れちゃったか
思いもつかないかもしれません。
それでも・・・・・やはりうちの二歳児は「悪魔」です・・・・・。

女の子だということもあるのでしょうか。
それとも、これは否定のしようのないDNAの継承結果なのでしょうか。
娘はとても気が強く、意志が強い。
息子のときとは大違いに感じます。

ゆうことを聞かないから、少しキツイ口調で娘を叱ります。
娘は半身だけこちらに向けて、視線は少し下に据えたまま・・・・拳を握っています。
時折、横目、上目づかいでこちらを睨みます。
そんな硬直状態がしばらく続き、ぼくとこんくらべです。
もう一言、ぼくが大きな声で叱れば、たぶん、手に持ってるものを投げ捨て
「ウワーァッ!!」と叫び声なのか鳴き声なのかわからない「奇声」を発して
地面に突っ伏します。
これは家の中でも屋外でも、お店の中だって同じです。
そして「ぱぱがぁーーー!ぱぱがぁーーーー!」と
まるでぼくが虐待しているかのように派手に泣いて(泣いたふりして)アピールします。
まあ、ぼくは・・・・途方に暮れています。
もうこうなると泣きやます方法を、ぼくはまだ知りません。
難関です。
ヒマラヤに無酸素で登るほうが容易く思えます・・・・。

ある日、息子と娘と三人で外食することになりました。
行けるところと言えば、ファミレスくらいしかありません。
何しろ「時限爆弾付き悪魔」が一緒ですから。
メニューの中から、できるだけバランスを考えてオーダーしました。
息子は、言われたとおり、バランスよく食べています。
よしよし、いい子だ。
娘は・・・・好きな「にんじん」だけ食べたら、もう遊びだしました。
ぼくは娘に、「まだ食べなきゃダメ!さあ、から揚げ美味しいよ」と
フォークに刺して、差し出しました。
視線をそらして、あえて、無視・・・です。
「こら、聞こえてるだろ!食べなさい!」
娘はおもむろに差し出したそれを手でわしづかみにし、下を向いて口を無一文字に結んで・・・・・。
次の瞬間、なにやら奇声を発して、そのから揚げを投げました!
二歳児にしてはいいフォームです。でも感心している場合ではありません。
ぼくは、その前に少し身構えていましたから、ぼくの頭上を飛んでゆくそいつを
華麗に左手で少しノビをしながらキャッチ!
間髪入れずに、敵はもう一つを掴み、もう一度投げる!
ぼくは今度は右手でそいつをキャッチして、もう手がないので大声で
「投げるな!!」
その後の展開はいつものごとくです。
レストランの床に、この世の終わりを嘆くかのようにおおげさにひれ伏して、大声で「泣き」です。
ぼくは両手にから揚げを握りしめ、周りのお客様の視線を一手にひきうけながらも
少し愛想笑いして、なすすべもなくそこに立ちつくすのでした・・・・・・。
やつの・・・・勝ちです。

まあ、最近は接する時間が多いこともあり、だんだんと「近く」はなってきました。
もちろんまだ話し合いなどはできませんから、互いの「間」をうまく計ることが
とても大切です。
いい関係の時は、ぼくにも女の子らしく甘え、かわいらしい。
寝かしつけのときも、ぼくのお腹の上で眠ったりします。

でもやつは二歳児ですが、「女」です。
ぼくには手ごわい生き物なんです・・・・。
これからどんなになっていくのか、楽しみと怖れが混じった複雑な思いです。
このまま、思春期になったら、どうなってしまうやら・・・・・・。

by hwindlife | 2009-05-11 20:09 | 家族のこと  

鳥羽ヨットクルージング


f0158239_131677.jpg

(伊良湖水道)
f0158239_141089.jpg

(周辺の島)
f0158239_15128.jpg

(今年最後の牡蠣食べ放題)

ゴールデンウィークのなか日、ヨットでクルージングへでかけることにしました。
目的地は鳥羽方面、答志島から浦村あたりで停泊してみるつもりです。

蒲郡のホームポートを出港すると、三河湾を横断してそして伊良湖水道に達します。
答志島をはじめとして、菅島などのいくつもの島が点在する「鳥羽エリア」が
その水道の向こうにあります。
島が入り組んで複雑な入り江を作っていて、自然も色濃く残っているエリアです。
なんだかカナダ、バンクーバーからストレイト・オブ・ジョージアを横断してガルフ諸島に
いたるプロセスによく似ています。
そうだ・・・・・鳥羽は東海地方のガルフだ・・・・そんな気がしてきました。

伊良湖水道を抜けるまで、進路は240度です。
なんども、なんども、このアングルで三河湾を横断してきました。
いろんな表情の三河湾を見てきましたが、今日はとりわけ静かです。
平らで滑ったような水面を、紺色のハルのヨットは滑っていきます。
とはいえ、風の力で動けるわけではなく、エンジンをかけてはいます。
ぼくは前方に注意を払ってはいますが、後ろを何度も振り返って、スナメリが現れないかと
ずっと期待していました。
先日の佐久島クルージングの時は、スターンでピューンとはねてくれたスナメリ。
見かけることができると、なにかいいことが起こるような気がしています。

佐久島を右に見て、左手に渥美半島の先端の灯台が見えてくると、伊良湖水道です。
ここは大型船がゆきかい、小さなヨットはそこを縫うように進まねばなりません。
そしていつも、ほんとにいつも、ここだけは風が吹いているのです。
そこまでせいぜい5ノット未満だった風は、その水道を流れるように10ノット、15ノットと
風速をあげます。
ぼくはちょっとだけズルをして、ヨットの前のセイル、ジブセイルだけを出しました。
ヨットはその風をジブに受け、少しだけ傾きながらスピードをあげます。
ほんの1ノットくらいのスピードアップですが、ヨットがヨットらしくはしるのが体感できます。
ヨットが目を覚まし、喜んでいるのが、わかるんです。
相変わらずエンジンはかけていますが、風に注意を払い、通り過ぎる大型船を縫って
その水道を快調に渡っていきました。

目指す答志島はもうすぐそこ、入港する予定の船越浦の港はすぐにわかりました。
狭い堤防の間をくぐると、一部工事中ではありますが、静かな港がそこにありました。

この港の周辺には、人家も何もありません。
四角い堤防が、ただあるだけです。
この港から、島の中央の山を越えると、人家や旅館がある小さな港町「和具」につきます。
そこまでは歩いて30分。
ぼくは自転車を用意していました。
早く着いたので、至福のお昼寝。
そして夕方、お風呂の用意をザックに背負って、自転車にまたがり、山を越えてゆきました。
ネットで調べてあった小さな料理屋に飛び込み、地元の愛想のいい漁師たちと談笑しながら
新鮮な貝や魚のさしみを頂きます。
その後、向かいの旅館でお風呂を借りて、暗闇の峠道を、また自転車をこいで船に戻ったのでした。
ぼくは料理やで久しぶりに頂いたお酒で少しクラクラ・・・・。
そのまま、キャビンのソファーでいい気持で寝いってしまいました・・・・。
夜はあくまで静かに、シーンという音が聞こえるかのような静寂さでした。
気持ちがとても、静かに、眠りも久しぶりに深かった。
そして朝は、ウグイスの声で目覚めたのです。
なんとも、居心地のよいところです。

結局この港には二泊し、二日とも例の料理屋とお風呂に通ったのでした。
日中は少し離れた浦村まで牡蠣を食べに出かけたりもし、美味しい料理に恵まれました。
少し船の調子が悪い部分があり、本来ならナーバスになるところですが、そんな港と
穏やかな天気が、気持ちを楽天的にしてくれました。
ぼくは少し名残惜しい気持ちを抱きながら、また「水道」を渡って、ホームポートへ帰りました。

島旅は魅力的です。
「島」自体が、もう本土とは違った「空気」を持っているような気がします。
時間の流れも緩やかに感じるし、そこに住む人たちも多くの場合、素朴で人懐っこい。
ヨットで来た・・・などと言えば、いろんな世話を焼いてくれたりしてもうすぐに友人です。
瀬戸内海をクルージングしたときにもそれは感じましたが、こんな近くでそんな思いに
なることができるのです。

ホームポートへは今度は60度のアングル、まっすぐです。
いい休日だったな・・・・・。
いい時間だった・・・・。
風はなかったけれど、素敵な思いに包まれた帰路でした。

by hwindlife | 2009-05-06 21:02 | ヨット