人気ブログランキング |

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

花冷え


f0158239_1153428.jpg

先日までは、このまま春を通り過ぎ、初夏が来てしまうのではと思うほどの
陽気の日が続きました。
その陽気に誘われて、近くの桜並木は満開です。
でも、ここ数日、寒さが戻ってきました。
これを「花冷え」というのですね。
桜の花は、冷たい風に震えるように揺れていました。

気温が10度を切って、深夜には0度近くになれば、真冬と同じです。
でも、今年、ぼくはこの寒波もあまり寒く感じません。
確かに、体の体温調節機能などは衰えはじめ、暑いときに寒かったり
寒い時に暑かったりするのですが、それとは少し違う感覚で、寒くない・・・と感じます。
ぼくの中では、もうすっかり春真っ盛りで、例え気温が低くても寒い、という気持ちにならない。
確かに、風はやわらかく、確かに、風は春の匂いがするから、強風の中でも
心がゆったりと落ち着いています。
そしてその「風」は、もう軽いのです・・・・・。

冬の風は重たい。
密度が濃いというか、圧力が高いというか、ウィンドやカイトをしていると、確かにその風に
重さを感じます。
春になるにつれ、それは例え同じ風速でも「軽く」感じてきます。
そして夏になってしまえば、その手ごたえが心もとない程に、軽くなります。

ぼくは冬の重たい風が好きです。
風の息吹きを、しっかりと感じられるし、それでその存在感を強く感じられるからです。
風の「意志」をしっかりと感じられるから、そこに存在する自分との間に「会話」が成立する。
ぼくは風に向かって、よく独り言を言います。

「ちょっと強いねー、厳しいねー」
「あらあら、落ちちゃうの?もっと来いよ!」
「ちょっと振れたね、こっちで安定しちゃうの?」
「ちょっと勘弁して!つよすぎー!」
なんて、ブツブツ・・・・。

「風」
なんだか不思議な存在です。
どこから来て、どこへゆくのか・・・・。
その「姿」は見えないけれど、その存在は確かです。
だからなのか、「風」は多くの諺にも引用されるし、やはりぼくはそこに「意志」のようなものを
感じるのです。

風が吹く街は、素敵なところが多いと感じます。
オーストラリアのパース。
ここに吹く風は「フリーマントル・ドクター」と呼ばれて、日中の猛暑を冷やす
まさに「ドクター」なのです。
街はこの「ドクター」のおかげで、美しく住み安い町と言われています。

「風」が生まれる場所と言われているのが、南米のパタゴニア。
永延と続く荒涼としたした大地のはるか向こうに、
パタゴニアの白い山脈がすくっと立ち上がったように存在します。
その山あいで生まれた風は、その大地を駆け抜けてゆきます。
その強い風は、ずっとこの大地をかけ抜け、太平洋すら通り過ぎてゆくようにも感じます。
「風」の生まれる場所、パタゴニアにはぼくの一番好きな山のひとつ、フィッツロイがあります。
いつか、あの頂きに登りたいと、若い時代、強く切望していました。
もう、叶わない、切ない思い出です。

トレードウィンドは、地球規模で、その自転や海流や温度によって、世界を旅します。
季節を選んで、この風を追いかけて、世界を旅すれば、風には困りません。
この風は軽快で明るい雰囲気を持っています。
夏のハワイに吹く風も、このトレードウィンドです。
波を追いかけて、一年中世界を放浪するサーファーの物語、「エンドレス・サマー」のように
風をおいかけて、いやその風に乗って世界中を旅するのは、ぼくの究極の夢です。

ぼくの街を吹く風は、少し鼻の奥をくすぐるような、甘美な香りがします。
「花冷え」で少し寒いけれど、風は残っているから嬉しい気分です。

明日は、その風に、乗れるでしょうか・・・・・・。

by hwindlife | 2009-03-28 01:13 | 好きなこと大切なこと  

風情

近くの散歩道の桜が満開です。
昨年の今頃、愛犬と見上げたあの「桜」の木も、豊かに花をかかえています。
もう一年、経ったのですね。
早いものです。
桜の花びらを見上げていたサクラを、つい想い出してしまいます。

急に暖かくなったからでしょうか。
今年はコブシと木蓮と、そして桜が同時に咲いています。
なんだか少し、違和感がありますが、それはそれで綺麗です。

風が強い今日、その木の下を通ると、風で桜の花びらがパーッと舞い、
ぼくを追い越していきました。
まるで粉雪に包まれたような感覚になり、思わず「風情があるなぁ・・・」とつぶやきました。
風情・・・・・。
深い言葉です。
なかなか英語には訳せない言葉。
自然や時間の中にある、地味だけれど存在感のある美意識のようなもの・・・・。
風・・・がそこに使われた語源はわかりませんが、ぼくにとってなんだかそれだけでも、
身近に感じる「言葉」です。

この季節は短く、足早に過ぎ去ります。
問い詰めれば、季節は「人生」となり、ひとの一生も短くはかなく、だからこそ美しいともいえます。
限りある切なさ・・・それはまた「風情」の奥深い「真」なのかもしれません。

桜は毎年、短いその花の「時」を美しくもはかなく見せてくれます。
その花を見るたび、ぼくはサクラのことを想い出せることを、今は幸せに感じます。

by hwindlife | 2009-03-25 23:50 | 好きなこと大切なこと  

久しぶりのカイト

f0158239_2127189.gif

(スクール生 iさんのライディング)

二月はヨットの整備、そしてカナダでのヨット・インストラクション・クリニックなどがあって
カイトがあまりできませんでした。
そう、体調もよくなかった。
風邪を長引かせていました。
一番いい季節なのに。

カナダから帰って一週間、やっと体調も復活。
週末、カイトのスクール生のサポートもあって、豊川でカイトすることにしました。
風は10m近く、暖かでいい風です。
ぼくは少し重くなった体を感じながらも、滑り、チョップジャンプし、カービングジャイブし
そしてハイジャンプ・・・・・・。
体の中にいいリズムが波打つのを感じます。
あまり何も考えず、短い時間でしたが「いい乗り」をしました。

二人の昨年からのスクール生が一緒でした。
少しセッティングをアドバイスしたら、とてもいい感じのライディングに変化しました。
そしてとても楽しそうに、強風の中を走っています。
その姿がとても嬉しくて、ぼくはカメラを構えていました。
自分ができるようになることのように、いやそれ以上に充実感、達成感を感じることができるのは
「スクール」をさせてもらっているおかげです。
「彼」の充実感を、ぼくもしっかりと共有させてもらったのでした。

この強風に会えるのは、もうあとしばらくの期間だけです。
陽射が暖かくなるにつれ、風の吹く回数も減ってゆきます。
ちょっとさみしい気持ちになります。
なるべく、風を逃さないよう、乗ってゆきたいものです。

by hwindlife | 2009-03-08 21:27 | カイトボーディング