人気ブログランキング |

<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

がんばってから死にたいな

「重き荷を背負いて」
中島みゆきさん・・・・。
この人のうたに、なんど心を揺さぶられたことでしょうか。
20歳代のころ、「時代」という歌に、ぼくのまだ幼い心は
そのうたの深さを理解できぬまでも、なんだか自分の将来を
重ねて思い、そうゆうふうに思えるときがきっとくるのだと
感じた記憶があります。

この半年あまりは、「宙船」の歌詞にずいぶんと勇気付けられていました。
そしてそのアルバムに入っている「重き荷を背負いて」。
少しネガティブな意味に捉えていたその内容。
でも昨日聞いたとき、それは少し違う感情でそれが心に届きました。

その歌詞の二番・・。

♪掌の傷口を握るのが精一杯
愛をひろう余裕もなく  泥をひろう余裕もなく
ひび割れた唇は噛みしめるのが精一杯
過去を語る余裕もなく  明日を語る余裕もなく♪


そう、ほんとうに苦しいとき、日々生きるのが精一杯で
じっと佇むだけ・・・。
悔いがあるとしても過去に思いをはせ、不安であろうとも未来を憂いている状態は
ずいぶんと「前向き」なのです。

♪がんばってから死にたいな  がんばってから死にたいな
ふり仰ぎ ふり仰ぎ  そのつど転げながら
重き荷を負いて 坂道を登りゆく者ひとつ
重き荷は重く  坂道は果てもなく続くようだ
がんばってから死にたいな  がんばってから死にたいな
這いあがれ這いあがれと  自分を呼びながら 呼びながら♪


がんばってから死にたい・・・。
これはけしてネガティブな心理ではないと感じます。
死ぬ・・・ということは確実なことです。
人は死を前向きに意識して生きたとき、実はほんとうに生きることができるのだと
ぼくは友人の死を通じて知ったし、そんな局面での「自分」も知っています。
だから、限りあるときを、自分を信じてがんばって過ごしたい。

今、このうたをぼくなりに感じれば、とても勇気が沸いてくるうたです。
人の生きざまは、同じように苦しい。
もちろん、そうでない「とき」もあるけれど、苦しいときは誰にでもある。
誤解を恐れずにいえば、苦しみの先にしか、喜びはないような気もします。

うたは多くのひとに「勇気」や「希望」を与えることができる。
すばらしいことです。
そしてそれが出来る人がとても羨ましい。
ぼくは今、それを受けることしかできないけれど
いつか誰かに、与えることが出来るようになれたら・・・・・。
ぼくに何ができるのかは、まだ見えていないのですが・・・・・・・。

by hwindlife | 2007-10-31 21:21 | 好きなこと大切なこと  

ダブルレインボー

自然からのエネルギー
f0158239_22162045.jpg

(東の空)
f0158239_2216386.jpg

(西の空)

朝からの激しい雨は、季節外れの台風のせいです。
休日なのに、朝目が覚めたら激しい雨・・・・。
これで気持ちが落ちない人がいたらその方法を教えてほしい・・・・。
それでも昼過ぎには雨が少し小止みになりました。

車に乗りながら、夕暮れ間際、雲がずいぶんと早く動いているのを見かけました。
みるみる地平に近いところから雲が切れていきます。
そこに水色の空が顔を出し始めました。
東の空を見やると、虹が・・・。
くっきりと半円の美しい虹。
そして、その外側にもうっすらと虹。
ダブルレインボーです。

あまり日本では見かけたことのない「ダブルレインボー」。
それもこんな低調な日の夕暮れに。
西の空の美しさに振り返っている間に、それは束の間に消えました。
ほんの10分ほど。
ぼくはそれからの時間、不思議に穏やかな気分になりました。
静かにやさしい気持ちに・・・。
自然の、いや、もっと大きな「なにか」がぼくにエネルギーをくれたようでした。

一緒にそれを見た息子がぽつりと呟きました。
「きょうは いいひだったねー。 にじがみえたからね」
そうだね、ぼくもそう思う。
一瞬でいいんだ・・・。

by hwindlife | 2007-10-28 22:12 | 自然について  

震えるということ


ある雑誌を本屋で手に取った。
もうすっかり「山」の関係の情報に興味を持つことが少なくなってしまったが
なんだかその表紙の写真に惹きつけられるように立ち読みでページをめくった。
ふと、見覚えのある人の名前があった。
H氏・・・・・。
彼とは一度だけ、ある山岳雑誌の企画で冬の乗鞍岳へスキーで登ったことがあった。
その彼の寄稿した文章はそれは刺激的で、胸の奥を揺さぶられるような感情を抱き
ぼくはその雑誌を購入して帰った。

「FALL LINE」というエクストリームな「滑り手」のための本。
そこに収められた文章は、どれもがとても強いインパクトを持っている。
どれもが・・・・だ。
書き手が、確実にその世界で深いところにいってしまっているからこそ伝わるまっすぐな想い。
そこに書かれた「リスク」という言葉ひとつを取ってみても、それを肌で感じ、そして震撼したからこそ
伝わる深さ・・・・。

そしてまたそこに、ライフスタイルを尊敬するTomokoさんの文章もあった。
アラスカの女性ヘリスキーのガイドを取材したその文章は、シンプルな彼女の生き様を通して
アラスカの偉大な自然の、人間への大きな影響について感じさせられた。
最後の20行あまりの文章をぼくは何度も読み返した。
そうだ、そうなんだ・・・・とつぶやきながら。

記事を読み漁り、そしてふと、トビラ近くの写真に目をとめた。
見覚えのある稜線。
そうだ、これは「不帰」(かえらず)だ。
それもⅡ峰だ。
そこを、稜線から滑っている・・・・・。
ぼくにとっては20年以上前の「因縁」の山。
ここのB尾根は、あのときまだ冬季未踏だった。
人生を変えた「山」。

この際を滑ることが、どんなことか、ぼくにはよくわかる。
ぼくには滑ることなどできないけれど、そこに身を置くことがどんなことなのか
よくわかる。
稜線から下を見下ろしたとき、きっとルンゼのボトムしかみえないはずだ。
滑り降りるその斜面など、きっと見えない。
壁・・・なのだ。
写真を見ながら「震撼」して、しばらくそこに釘付けになった。

正直、かなりシビレた。
そしてなんだか、ぼくも滑りたくなった。
もちろん、不帰など無理だ。
でも、自分にとって「エクストリーム」な場所に、また身を置きたいと思う。

あの張り詰めた空気の中で、震える心を持て余している自分が懐かしい・・・・・。

by hwindlife | 2007-10-26 18:31 | 自然について  

大切な場所

そこは昔から知っている海辺の場所。
ぼくはここで、ウィンドサーフィンを練習し、海を学んだ。
海を学ぶ・・・などと言ってもたしたことはない。
ただ、海の近くにいつもいて、そして身近に感じてきただけだ。
でも、ここは確かに自分にとっては「大切」な場所。
ここを訪れるたび、ぼくはそう感じる・・・。

こんな場所で、ぼくはある人と巡りあった。
海の先輩であり、人生の先輩であるひと。
ただ、ぼくとは間接的な接点しかなかった。
でも、気になっているひとではあった。

海辺の「居場所」を探して、ずっと海岸線を辿ってきたとき、ここへたどり着いた。
そして偶然、その人をみかけ、ぼくは声をかけた。
彼はずいぶん前からの友人のように海辺の彼のオフィスにぼくを迎え入れてくれた。
そしていろんな話をした。
そして、深いところで気持ちがシンクロするのを感じた。
ここでこうして彼と出会ったのが、偶然ではなく必然であったような気がした。

ぼくは時折、街でのことが苦しくなるとここを訪れる。
彼はいつでも、歓迎してくれ、喜んでくれる。
ぼくはここで、ぼくのまだおぼろげな「夢」を形にできるような期待がするのだ。
そしてこの場所が、今までよりももっと大切な場所になる予感も・・・・。

by hwindlife | 2007-10-22 13:34 | 好きなこと大切なこと