人気ブログランキング |

カテゴリ:好きなこと大切なこと( 70 )

 

海と山と空でツナガル

f0158239_22172071.jpg


雨が全国的に降っている。
こんな日は、「古傷」の脚の骨折箇所が痛む。30年ほど前、立て続けに一年のうちに二度も骨折した、右足の膝が疼くように痛む。でも今日はその痛みが、懐かしさに変っている。
空を飛びたいと思い立ち、パラグライダーを練習し始めた。空を飛びたいという思いは、若き時代からずっとあった。ヨーロッパアルプスを攀じていた30年前、グリンデルワルドの谷間を飛ぶそれを、見た。攀じた後は、ああやって飛んで降りたいものだと、ぼんやり思った。その頃の思いを、こんなに時間が経ったけれど、実現しようと動き出している。そして今日・・・。

このあたりの山で、「山飛び」をするにはどこがいいか、探っていた矢先に見つけた名前。パラグライダースクールの校長のその名前は、見ただけでピン!ときた。30年前、山の世界で憧れ、そして大変お世話になった先輩の名前。もうすでにガイドとして活躍していた彼は、ぼくの憧れで目標だった。その後、ぼくは冬の壁で大きな事故を起こし、そして彼を含めた多くの先輩に命を助けられた。そのレスキューは、助ける側の命を厳しく脅かすものだった。ぼくはその後、彼らには何も返せないまま、ただ、その後のレスキューの現場には一番にかけつけることを信条とした。そして、時間がたち、自分のクライミングの限界に自分が負けて、山から離れた・・・。

古き恩人の名前を、「空」の世界で見つけたとき、何かの「縁」を感ぜずにはいられなかった。ぐるっと、30年間の人生のスパイラルの果てに、その名前を見つけたような気がした。少しゾクッとした。ぼくはきっと、空の世界にもはまってゆくのだと、確信した。

山から海に、フィールドを移した後も、確かに山の仲間に海で出会う・・なんてことも何度かあった。また、海の仲間はあっちこっちでツナガッていて、ぼくのセーリングスクールで学んでくれた70を過ぎた人生の先輩が、久米島にヨットで寄り、パラグライダーの師匠でありカイトの友人のご夫婦に偶然世話になったという話や、西日本をヨットで旅していた時、大分の姫島の小さな漁港でテトラに押しつけられて困っている一人乗りのヨットを発見し、脱出するのを手伝ったのちよく見ると、尾道で船舶免許をとったとき、一緒に10日間合宿したそのときの「同士」だったことなど。

海や山や、そして空までもが、そこに身を置く人たちを巻き込んで大きな「渦」を作り、そして廻っている。ぼくもその渦のなかで、うごめいているから、何度も懐かしいひとと再会したり、不思議な出会いが続いているのだと・・・・。

膝が痛む。それを撫でながら、古い時間を思い出している。山から海へ、そしうて空へツナガル人の連鎖。それをとても不思議な気持ちで、感謝しながら、これからの展開に心躍らせている。

by hwindlife | 2012-04-22 22:20 | 好きなこと大切なこと  

夕食作れる幸せ

f0158239_2033524.jpg


基本的にぼくの家庭では、夕食はぼくが作る。
ママの仕事が夜、遅くなるので、数年前からそんな役割分担になった。
昔、山に長く入る時にはもちろん自分で食事は作っていたし、料理は嫌いじゃない。
嫌いじゃないけど、作る喜びを感じたことは、なかった。。。

夕方、海でのレッスンが終わって急いで後片付けをして家に向かう。
帰る途中に、保育園から5歳の娘をピックアップ。
娘と二人で近くのスーパーへ買い物にゆく。
毎日のメニューは、スーパーを一周してから決めるのが習慣になった。
毎日作ると、メニューの組み立てが難しい。
もちろん、難しい料理なんて無理だから、出来る範囲で考える。
基本的には自分が食べたいものを中心に考える。
でも、娘にも聞く。
「何食べたい?」
毎日、「サカナ!」という。子どもには珍しく、娘は魚好き。
聞くには聞くけど、毎日サカナ、ってわけにはいかなので、悩む。
昨日、中華っぽかったから、今日は和食系だな。
お野菜はいっぱい摂らせたい。大きくなって欲しいから、肉系も重要。
でもぼくの、メタボが怖いから、脂身少ないチキンかな。。。
なんて考えて、娘と冗談を言いながらめぐるスーパーの時間が好きだ。
ぼくは前を歩く。
彼女は、ちっこいながら、カゴをカートに乗せて押してついてくる。
ポンポンとそこにぼくが、食材をほおりこむ。
あるとき、彼女が嫌いなナスを食べさせようと、しっかりたくさん
それをカゴに入れたが、レジでお会計したときに、それはなかった。。。
彼女が、ぼくが入れたはなから、後ろでそれを戻したのだ(^^ゞ。

今日のメニューは、お野菜たっぷりのポトフと、脂身少ない牛肉のハーブ焼き。
それとサラダ。
食卓の準備は子どもたちの役目。
三人で、「手をあわせてーーーー!」と叫んでから食べる。
美味しくても、美味しくなくても、「おいしーー!!パパの料理!」
と毎日言ってくれるのが日課。
がんばるよ、美味しものつくれるようにね、と毎日思い
こうして子どもたちと密になってゆくのは幸せだ・・・と毎日思う。
「これはママに残しとくーー!」などと、残念ながら一緒に食事をとれない
ママを気遣う子ども心を、嬉しく思う。

父親は難しい。
なかなか、「父親」になれない。
母親には、一生、かなわない。
でも、こうして、食事を作る機会があって、子どもと密になるタイミングがあること
幸せだと思う。

これから、これはぼくの仕事にも役立つ。
ゲストクルージングで、港へゆき、そこで仕入れた食材でゲストに船での食事を振る舞う。
コックの腕さえよければ、ヨットは最高のシチュエーションのレストランになる。
クルージング&グルメ、そんなサービスもいつか提供したいものだ。

でもその前に、今の課題は、作りながらかたずけること。
ぼくの料理の跡は、まるで小さな爆弾の落ちた様子だから・・・・・。

by hwindlife | 2012-02-27 19:53 | 好きなこと大切なこと  

「エッジ」で生きる

カイトの事故で、近くのゲレンデで人が亡くなった。
亡くなった方は存じてないが、その場所はよく知っているところなので
他人事のように感じられない。
事故が起こった沖合の海は、ウインドサーフィンに強い希望を感じていたころ
季節曜日に関係なく、風が吹けば走り回った「海」だ。
その頃はそこに空港などなく、海ももっと広くて、風もナチュラルに流れたように思う。
人工物で囲まれた今のその「ビーチ」は、風も行き場を失いかけ
時には強く、あらぬ方向に吹いたのかもしれない。
事故の直接的理由はまだわからない。
でも変わってしまったとはいえ、あの海で
人が命を落としたのは、なんとも切ない・・・。

カイトボードは、それをする全ての行為が「エクストリーム」だとはいえない。
確かにイメージとして、高く飛び、3次元の複雑なトリックは、常識を超えている部分もある。
しかしながら、スキーやスノボーなどのアウトドアスポーツとなんら変わるところはなく
気軽に安全に楽しむ「カイト」から、本物の「エクストリーム」まで存在する。
今回の事故で、どこかの炎上しているサイトのように、一言で「無謀」と決めつけられるには
かなりの抵抗もあるが、反論しても不毛だ。

20代のころ、クライミングの世界に没頭した。
この世界は、いくところまでいくと、かなりの確率で命をかけた状況に
追い込まれるものだと、なぜか自然に思っていた。
確かに、多くの友人を、日本の冬山で、ヒマラヤで、マッキンレーで失った。
生き残っても、その多くの指を失った友人も多い。
強いクライミングへの情熱を持ってそれに臨めば、難しさ、高さ、そして危険度へと
そのグレードをあげてゆくのが、この世界の自然のなりゆきなのだ。
最終的には、無酸素でソロで、8000M級の「壁」を、バックアップなしで攀じる・・・。
そこまでたどり着けるのほんの少しで、稀な才能と運の持ち主だ。
そしてその、高みのたどりついたステージでは、生存の確率は、フィフティー・フィフティーだとしても、本人には充分なチャンスと感じられる。
「常識」は、あの世界と、一般的な世界では、大きく異なる。

自分は、その高みを目指す途中のステージで、自分の非力さを胸に、一生刻印されることになった。
パートナーの友人を失い、しばらく間、自分も生きる力を失った。
同情もあったが、マスコミも、身近ではないまわりも、「無謀」「未熟」
「自己満足による迷惑」などと、強いバッシングに溢れた。
幸か不幸か、心を失っていた自分は、そんな言葉に揺れることもなく
所詮、わかってもらえることではないと、思っていた。
入院していた病院の窓から、消えてゆく残雪をみながらも、死んだ方がましだったと
何度も思った。
そして何年かして、ぼくは逃げるように山の世界を離れ
海へ逃げてきた。

好きなことをして、命を絶ってしまうことに対して、ぼくは理屈で答えられない。
ただ、ただ、切ない。
世の中には、好きなことをして生きないと、生きられない「人種」がいるのだと
信じるようにしてきた。
だから、「むこう側」の理屈では、異常で理解不能な行動も、結果も
「こちら側」では、普通・・というか、なんとなく、わかるのだ。

逆に、だんだんと年齢を重ねるに従って、クリティカルな「エッジ」に
なかなか立てない自分に苛立ちと、失望を感じることも多くなった。
丸くなったなどと人に笑っていいながら、情けなさに震える。

命は大切にしようと思う。
でもそれは、「生きてる証」を持った命であり、充実した時をともなった命でなくてはならない。
これからの人生、あと何回、「エッジ」に立って魂が震える声を聞くことができるだろうか。

by hwindlife | 2011-12-27 13:20 | 好きなこと大切なこと  

宇宙飛行士

f0158239_037732.jpg


10才のとき、アポロが月に行った。
ぼくはその夏、新聞やテレビにかじりつき、その快挙に興奮した。
小さな頃から、空を見上げるのが好きだった。
月を、星を、ずっと見て、そしてその月から星から、この地球を見ると
やはりこんなんなのだろうかと、想像した。
まだそのころの名古屋は、空は暗くて、いまよりずっと星がきれいだった。

そんな「月」に、ロケットがゆくのだ。
地球と月のスケールモデルを新聞で見て、そしてその距離感に驚いて
そこへゆく「冒険」に心、躍った。
その夏の自由研究は、「アポロ11号の軌跡」だった。

ぼくはその後、宇宙飛行士になりたいと思った。
小学校の先生にそのことを話すと、「もっと現実的な夢を見なさい」と言われた。
母親に、話すと、「日本人は宇宙飛行士にはなれないのよ」と真顔で言った。
そんな時代だった。
けっして、彼らのせいではなく、ぼくはいつか
そんな思いになったことすらしばらく忘れていた。

就職して、システムエンジニアという仕事についたとき
ある仕事に巡り合った。
あの、NASAのシステム開発チームが開発したシステムを
日本の企業に、日本バージョンにカスタマイズ開発をする仕事だった。
マニュアルはすべて英語、いんろんなQ&Aはすべて英語で電話!もしはtelexで、という環境。
まだ、電子メールなるもの、いやインターネットすらない時代だった。
その、システムは膨大なもので、深く知れば知るほど
驚きの連続だった。
アルゴリズムも、データーのストリームデザインも、思いもつかない奇抜さ
複雑さで、やはりNASAか!と、感心しきり。
寝る間も惜しんで向き合った数年間だった。
月にゆく弾道計算と、その仕事のアルゴリズムがどこかでつながっている気がして
ぼくは嬉しかった。
コンピューターの仕事が、会計計算だけでなく、そんな夢を担っているのを実感して
自分の仕事が誇らしかった。
起業しよう・・・26才のとき、その気持ちの延長で決断した。

今でも、ぼくは夜の空を見上げるのが好きだ。
ぼくは宇宙飛行士にはなれなかったけれど、昔、今の息子の年齢と同じころ
なりたいと思ったその自分が愛おしい。
息子に、よく、将来、何になりたいかと聞く。
決まって、パパは?と聞かれ、ぼくいは迷いもなく答える。
残念だった・・・とも。

好きなコミックがある。
「宇宙兄弟」
これは面白い。
来年、映画化されるそうだ。
楽しみでしかたない。

by hwindlife | 2011-11-13 00:28 | 好きなこと大切なこと  

富良野

f0158239_034173.jpg


雨の富良野周辺に、何日か滞在した。
雨は山の高いところでは雪に変わった。
雲が低く垂れこめて、秋の紅葉は、少し滲んだような色に見えた。

気になっていた珈琲屋、「森の時計」。
すっかりと暗くなった時間。
暗い雨の森をしばらく歩いて、そこを訪れた。
あの、ドラマ、「優しい時間」の舞台・・・。
あのログハウスは、森の奥に静かに建っていた。
カウンターで、ミルでゴリゴリと豆を挽くと、素敵な香りとともに
あのドラマの切なさが、蘇った。

息子と父親の確執。
それでも、寄り添いたいと、息子が想う気持ち。
この、静かな、北の大地で、ただでさえ寂しいこの場所で
すれ違う、親子。
切ない・・・。

カウンター前の大きなウインドウは、外の暗い森と、反射した自分の顔を映していた。
自分をじっと見つめながら、珈琲の香りを嗅ぎ、息子のことを想った。
そして、やっぱり、老けたな・・・とぼんやり思った。
マスターと目があった。
何か言いたげだったが、言葉はなかった。
それが、よかった。

倉本さんのエッセイを、自分へのお土産にした。
深いこの土地への思いと、少しかたくなな、自分にも少し似た不器用な生きざまに
また改めて惹かれた。

数日で、この土地がわかるはずもない。
わかりたいと思えば、身を沈める覚悟で住むしかない。
観光で訪れ、ヨカッタヨカッタと通過するのはあまりに「軽く」・・・。
でも自分も同じ。
ここに住む人を、思う。
長い冬に耐えて、自然と向き合って生きる人たちを思う。
辛抱強く、厳しいこの土地に住むのは、何故だ。
遅い春が来て、待ち焦がれた短い夏に一斉に花が咲く。
ここに住み、厳しい冬を過ぎた者にとって、その夏は特別なのか。
たまたま訪れた旅行者などには、けしてわからない何かがあるのか。
雨に煙って、今は見えない、十勝岳の山並み方角を見つめながら
しばらく、旅行者の憂鬱にひたっていた。

by hwindlife | 2011-11-09 00:34 | 好きなこと大切なこと  

君に見せたいもの

どう・・・・最近・・・。
なんだかずいぶん、久しぶりのような気がするなぁ。
何見てるんだよ。
髪・・・?薄くなったかな・・・。
え・・?白い?もうずっと前からだよ。
君が生まれた頃だって、ほんとうはずいぶん白くなってたんだ。
美容院でカラーしてたんだよ。
ぼく?
変わらないよ・・・いやほんとうはちょっと、ショボイかな・・。
でも元気だよ。
海にだって時折行ってる。
昔みたいに強い風の日は出られやしないけどね。
元気さ・・・・。
でもちょっと、寂しいさ。
もちろん・・・・。

どう・・・最近・・・。
ほんと、久しぶりだよ。
ちゃんと勉強してる?
友達は?
ボーイフレンドは?
質問ばかりは・・・・・よくないね。
元気なら、それでいい・・・・・。
ぼく?
ぼくか・・・・ほんとは寂しいさ。
笑って言うけどね。
でも心配いらない。
君の顔見たら元気になったよ。
またいつか、昔のように一緒にヨットで海に出たいな。
付き合えよ・・・。
いや・・・時間があればね・・・。



これは、娘が生まれてから、なんども重ねて、見る夢・・・。
いつかのブログに描いた会話・・・。
今日、レッスン後、疲れて船でうたた寝して、また出会った。


離れて暮らす娘が、久しぶりに訪ねてきて
少しだけ高揚しながら、悟られないように、静かに話している。
ぼくは、多分、海べの小さな田舎で暮らす。
子どもたちは、それぞれの人生を、ぼくがそうであったように
ほんのときどき、親のことを思い出しながら
日々にまみれてるんだろう。
ぼくは、いつも、子どもたちのことを想っている。
ぼくの人生が、微かに、彼女たちにつながっているのを
信じられるようになって、少しだけ、平穏な心持だ。
朝日を見て、夕陽に泣き、一日が、昔に比べればなにげに過ぎる。

これは夢の中のこと。
そんな状況を、望んでるわけじゃない。
でも、なんとなく、具体的に想像してしまっているぼく・・・。
でも、20年後、これだけは娘に必ず言おう・・・。

「今日は、いい風が吹いてるんだ。
夕方、海に出よう。
この季節の、海から見る、空の色は、ずっと好きだったんだ。
一緒に、見よう。
いや、君にぜひ、見せたい。」

by hwindlife | 2011-07-16 00:30 | 好きなこと大切なこと  

振る舞い

昨日、少し、凹む出来事があった。
久しぶりに、知らない若者と、モメた。
黙っていられない、状況だった。
黙って、見過ごす自分が、許せない状況だった。
昔に比べれば、かなり「温厚」になったはずの自分。
いろんなことが、許せるようになったものだと、自分自身に対して
大人になったのか、歳をくったのかと・・・・。
あかん、黙ってこいつを、許しちゃ、いかん!
自分の奥にしまったはずの「感覚」が、目覚めてしまった。

結果・・・・。
素直に聞くはずもない、その若者に、しばらくの言葉の応酬のあと
完全にブチギレた。
公に、問題になるほど(問題になっているかもしれない)暴れた。

後味は、正直悪い。
ゲンコツに、その、忌々しい感覚がまだ残り、
それ以外の、もっとスマートな方法をとれなかった自分が
情けない。

彼と同じ年齢のころ、ぼくは「大人」になりたくなかった。
「大衆迎合」という言葉に悪寒を感じ、流されるものかと、いきがった。
あのとき、気持ちが悪くなるくらい嫌いだった「大人」に
なってしまっていないだろうか。
「大人」として、彼に接したわけではない。
ぼくの嫌いな「大人」は、あの場面で、見て見ぬふりをしたのかもしれない。
それでも、この後味の悪さはなんなんだろう・・・。
若き時代には、感じなかった、この気持ち・・・。

by hwindlife | 2011-07-08 20:55 | 好きなこと大切なこと  

自分を信じる

f0158239_21565374.jpg


自信を失うことなど、しょっちゅうだ。
それが「自信」などではなく、過信、思い上がり、勘違いだったのかもしれないとすら
思ってしまう。
確かに「自信」の多くは、ぼくの場合「思い込み」であり、そこに確かな根拠や裏打ちが
あるわけではないことが多い。
ぼくは大丈夫・・・と思うことで、その先へステップアップする力やきっかけになる。

でもあるタイミングで、そう思えなくなる。
自分にはできない、自分にはそんな才能はない、この続いている失敗の先には
決して光などない・・・・。
自分は、そんな器じゃない・・・。
ネガティブなときは、ほんの小さなことから、人生そのものにわたるまで、すべてに
「自信」を失う。

小さなこと・・・・。
カイトボードで新しいトリックにトライしている。
なかなかできない。
成功のイメージすら、もうかすれて、薄れている。
度胸?身体的な問題?センス?・・・・もともと自分には無理なのかも・・・。
ジムで走る。毎日。
重いウェイトを、必要と思われる筋肉にむけて、あげる。
町を歩きながらも、イメージを膨らませ、体を動かしてみる。
何度も、何度もすぐれた選手のVTRを見て、そのイメージをもっと明確にする。
そして、海に出る。
何も出来ずに、撃沈。
限りなく、海に突っ込み、海底近くまで叩きつけられる。
前回よりも、悪くなった気すらする。
そのうち、気持ちが萎える・・・。
もうかれこれ二カ月。

ほんとうは知っている。
ずっと見えない壁の向こうも、ずっと打ち続けていればあるとき急に見えるときが来ることを。
その時期は、ずっと先かもしれないけれど、きっと来ることを。
暗闇の手探りを、どれだけ続けられるか・・・だ。
「続ける」パワーは、自分への信頼。自分を信じること。
自分なら、ずっと続けていれば、必ず壁を超えて、その先の景色をみることができるのだと。
ぼくなら、だいじょうぶ・・・だと。
ぼくが信じてやらなかったら、他に誰が信じてやれるというのだ。

小さな自信喪失が、自分の中でどんどんと広がる。
小さな、そんな海での出来事が、人生そのものを投影してるかのように
思いめぐってしまう。
ぼくは海からの帰り道、いつもサービスエリアのマックでコーヒーを飲みながら
日が落ち始めて暗くなった、店のガラスに映った自分の顔を見た。
ショボい顔をしている。
髪は潮で乱れ、顔は疲れている。
「つまらない、小さなことだ・・・・」
と言い訳がましく呟いてみても、何も変わらない。
続けるしかないことは、とっくに知っている・・・・。

自分を甘やかすな・・・と長年、思ってきた。
でもこれからは、もっと自分を信じてやりたい。
自分だけでも、自分の可能性を信じていれば、少なくとも自分の小さな夢に近付ける。
そうでなければ、その夢さえ、見失ってしまうのだから・・・。

by hwindlife | 2011-02-18 21:47 | 好きなこと大切なこと  

シンプル

f0158239_1221233.jpg


今年に入って、風が吹けば海に入る生活が続いている。
この季節、風はある程度定期的にふくから、おのずと生活は一定のリズムがある。
風が吹く、海に入る、休養する、トレーニングする、勉強する、風が吹く、また海に入る…。
この期間、一年の中でオフと割り切っているので、大変、自由だ。
海は冷たいが、あまり気にならない。
灼熱の海より、はるかにいい。

頭の中に存在する事柄が、昔に比べると随分少ない。
好きなものしか周りにないから、ストレスも少ない。
シンプルになりたい。
ここ何年かそう願ってきたけれど、知らぬ間にそうなっていた。
悩みは、今、練習中のカイトボードの技のこと、夕食のメニューのこと
こんなに海に入って動いているのに、少しウェイトオーバーなこと
とるに足らないことばかりだ。
でも、足元はちゃんと見えてるし、等身大で生きてる感がある。
身の丈で生きることがぼくには大事なのだ。
それが、今まで、なかなかできなかった・・・・・。

霧中の不安など、いつしかなかったかのように、その感覚も忘れている。
シンプルが一番。

明日も海にはいる。
そのために、今宵もまちを走る。
走るときにに聴くipodの曲は、数年来変わってないけれど、少しその感じ方は変化した。
乗ってくる、曲が変わった。
深夜の名古屋の街を一望できる公園から見る夜景は、なんだか温かく感じる。
そこから、疎外感を感じてたのが嘘のようだ。

シンプルが望み、シンプルが大切・・・。

by hwindlife | 2011-01-25 00:38 | 好きなこと大切なこと  

謹賀新年 おめでとうございます!

f0158239_135415.jpg

by hwindlife | 2011-01-01 01:03 | 好きなこと大切なこと